顎ニキビの原因と治し方

顎ニキビの原因と治し方|痛い・治らないひどい症状を治す

顎ニキビの原因と治し方

顎ニキビの原因

吹き出物には様々な種類が存在していますが、
顎ニキビが痛い・かゆい、赤くなって目立っている・・・ということはありませんか?

 

また、「顎ニキビが繰り返しできやすい、治らない」という方も多いのではないでしょうか。

 

なぜ顎ニキビは繰り返し発症しやすいと同時に、痛みや痒みを伴うのでしょうか。

 

原因1.ホルモンバランス

特にあごは、ホルモンバランスが一番崩れやすい箇所であることが原因です。

 

ホルモンバランスが崩れて男性ホルモンに偏ってしまうと顎ニキビができやすく、
炎症を起こすアクネ菌も多く分泌されてしまうのです。

 

原因2.乾燥

あごが乾燥するのは、あごには皮脂が出る場所がたくさんあることが原因です。
たくさん皮脂がでる場所があごにはあるので、毛穴がつまりやすいのです。

 

皮脂は外的な刺激から守る役目がありますが、大量に出ると毛穴にまで行ってしまい、
毛穴がつまると、あごは潤いをなくして、どんどん砂漠化していきます。

 

原因3.ストレス

ストレスが顎ニキビの原因になるのは、ホルモンが乱れるからです。

 

ホルモンとは男性ホルモンの事で、 男性ホルモンの乱れは、
睡眠不足やストレスが原因で起こります。

 

このような原因によって炎症が悪化しやすいので、赤く痛みのある顎ニキビが
発生しやすい環境になってしまいます。

 

顎ニキビの治し方

 

顎ニキビの治し方としては、あごの環境を常に適正に保つことが大事です。

 

乾燥が原因で治らないのなら、
皮脂が大量にでないようにし、毛穴をつまらせないことです。

 

乾燥しがちなあごには、うるおいを与えるようにしましょう。
乾燥しないような環境を構築することが、効果的な顎ニキビの治し方です。

 

ストレスを解消するには、生活リズムの対策を図ることが大事です。

 

生活習慣を改善して、しっかり睡眠をとり、ストレスを解消して生活リズムの安定化を図れば、
吹き出物ができにくいからだを作ることができます。

 

顎ニキビは、原因と治し方をしっかり理解して改善していけば、
自然とあごの皮膚環境がリセットされ、きちんと治すことができるでしょう。

 

オススメの顎ニキビの治し方:洗顔で治す

 

「一日に三回以上の洗顔は行わないこと」
「タオルなどでゴシゴシしたり手であごをさわったりしない」

 

・・・ということが、
フェイスライン・首ニキビの治し方の重要ポイントになってきます。

 

洗顔のし過ぎは余分な皮脂を落としてしまいますし、
タオルをゴシゴシしたり手であごをさわったりしてしまうとばい菌がついて、
炎症を起こしてしまいます。

 

あごは無意識にさわってしまいやすい個所ではありますが、
あまり刺激を与えず清潔にしていくことが大切なのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ